会社案内

上妻酒造は鹿児島県種子島の南端・南種子町に位置します。古くは鉄砲伝来の地、現在では「日本で最も宇宙に近いまち」として、種子島宇宙センターを擁する歴史と未来が共存するまちでもあります。西には屋久島を望み、コバルトブルーの海に囲まれた自然あふれる大地で南泉は育まれます。

昭和元年(1926)、当時の南種子村に初代・上妻直志が創業を開始し、以来八十余年を数える上妻酒造は、昔ながらの小さな蔵ですが地域に根差した種子島焼酎として、今も昔も変わらず人々に愛され親しまれる焼酎を造り続けています。

種子島の強い日差しの下で力強く育ったさつまいもは、長年の信頼関係で結ばれた契約農家のみなさんが丹精込めて作られたものです。島の素材にこだわり、島のみなさんと共に南泉はその歴史を歩んできました。

 

上妻酒造イメージ写真
会社名 上妻酒造株式会社 アクセスマップ
住所 〒891-3701
鹿児島県熊毛郡南種子町中之上2480
TEL 0997-26-0012
FAX 0997-26-6667
事業案内 焼酎製造および販売
資本金  1000万円
創業  昭和元年(1926)
代表 上妻博見
上妻酒造問い合わせ
蔵元だより芋焼酎製造工程種子島紹介

■お酒は20歳になってから。■妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがあります。■飲酒運転は法律で禁止されています。■お酒は適量を。

Copyright © 2013 - 2017 種子島芋焼酎[上妻酒造]. All Rights Reserved.